• トップページ
  • 購入方法
  • メンテナンス
  • こだわり
  • お問い合わせ
 
ROLEX 14K.オイスターパーペチュアル「セミバブルバック」スーパーオイスタークラウン レッドOFFICIALLYプリントギョウシェダイヤル
Price 880,000 円(税込み)
商品に関しましてはお問合せ下さい
Click here for contact us

セヲノハセワコル

  • OMG No.#9666
  • モデルネームSemi Bubble Back
  • Ref.6085
  • Serial.9*****
  • ケースNo.
  • 機械No.2**** F5****
  • キャリバー9.75 A260
  • 製造年代1953'S〜1954'S
  • 材質14K.エンジンターンドベゼルオイスターケース
  • ブレスレット
    ベルト素材
  • ケースサイズφ34mm

ROLEX 14K.オイスターパーペチュアル「セミバブルバック」スーパーオイスタークラウン レッドOFFICIALLYプリントギョウシェダイヤル ROLEX 14K.オイスターパーペチュアル「セミバブルバック」スーパーオイスタークラウン レッドOFFICIALLYプリントギョウシェダイヤル ROLEX 14K.オイスターパーペチュアル「セミバブルバック」スーパーオイスタークラウン レッドOFFICIALLYプリントギョウシェダイヤル ROLEX 14K.オイスターパーペチュアル「セミバブルバック」スーパーオイスタークラウン レッドOFFICIALLYプリントギョウシェダイヤル ROLEX 14K.オイスターパーペチュアル「セミバブルバック」スーパーオイスタークラウン レッドOFFICIALLYプリントギョウシェダイヤル ROLEX 14K.オイスターパーペチュアル「セミバブルバック」スーパーオイスタークラウン レッドOFFICIALLYプリントギョウシェダイヤル
ROLEX 14K.オイスターパーペチュアル「セミバブルバック」スーパーオイスタークラウン レッドOFFICIALLYプリントギョウシェダイヤル ROLEX 14K.オイスターパーペチュアル「セミバブルバック」スーパーオイスタークラウン レッドOFFICIALLYプリントギョウシェダイヤル ROLEX 14K.オイスターパーペチュアル「セミバブルバック」スーパーオイスタークラウン レッドOFFICIALLYプリントギョウシェダイヤル ROLEX 14K.オイスターパーペチュアル「セミバブルバック」スーパーオイスタークラウン レッドOFFICIALLYプリントギョウシェダイヤル ROLEX 14K.オイスターパーペチュアル「セミバブルバック」スーパーオイスタークラウン レッドOFFICIALLYプリントギョウシェダイヤル
ROLEX 14K.オイスターパーペチュアル「セミバブルバック」スーパーオイスタークラウン レッドOFFICIALLYプリントギョウシェダイヤル

ダイヤルコンディション
クリームマットギョウシェ(網目模様)彫り込み仕上げブラックプントアウター夜光ポインテッドゴールドアップライドトライアングルインデックスダイヤル 6時側のOFFICIALLYのレッドプリント その下にCERTIFIED CHRONOMETERの2レーンプリント 
全体に焼け及び経年変化は見られますが当時のままのオリジナルコンディションです。
ケースコンディション
大きな傷の無い良いコンディションです。
ムーブメントコンディション/メンテナンス後の精度データ

アンティークウォッチの精度について

キャリバー;9.75 A260 自動巻き 
トータルコンディション
ロレックス社が始めて自動巻きキャリバー9.75 N.A.を1936年に完成させ、いち早く実用化自動巻き時計として発売し、今日の礎を築いた訳ですが、このセミバブルバックと呼ばれます、キャリバー9.75 A260搭載モデルは厳密に云いますとバブルバックキャリバーの後を受けて10.5 A295キャリバー1945年製造(初めてのカレンダー機構搭載モデル、ビッグバブルと呼ばれるキャリバー)を経て、10.5 A296、9.75 A260と変遷を遂げた1950年より製造が始まったキャリバー搭載モデルです。 同時に開発されたパッキンに因る現在のスポーツ用防水のスーパーオイスタークラウンを使用したモデル(ロック式と併用)でもあります。 バブルバックの時代からロレックス社はクロノメーター(精度基準に合格した物に与えられる称号)への拘りは、当時クロノメーター試験合格品の90%以上がロレックス社の時計であったと云われる位、精度への執着した点もロレックス社の先見性と今日の高級時計として認められる基盤となりました。
 この時計は14金ケースでロレックス社の代表的ベゼルの1つ、エンジンターンドベゼルケース、1950年代固有のスーパーオイスタークラウン、文字盤に網目彫り込み模様のギョウシェ仕上げ仕様のセミバブルバックモデルとなります。文字盤には文字盤6時側のクロノメーター認定プリントトップに赤でOFFICIALLY(公認)とプリントしている点もロレックス社が精度に対して拘っていたことが窺い知れます。この時計は使用傷はございますが、アンティークモデルとしての使用感のあるコンディションで、また、文字盤も当時のオリジナルのままで全体に経年変化が見られるアンティークテイスト感にあふれたオリジナルコンディションとなっております。