• トップページ
  • 購入方法
  • メンテナンス
  • こだわり
  • お問い合わせ
 
ROLEX SS/14K.回転ベゼルオイスターパーペチュアル「TURN−0−GRAPH」 DE LUXE
Price 999,999,999 円(税込み)
商品に関しましてはお問合せ下さい
Click here for contact us

セヲノハセワコル

  • OMG No.#9630
  • モデルネームTURN-0-GRAPH
  • Ref.6202
  • Serial.9*****
  • ケースNo.
  • 機械No.3****
  • キャリバー9.75 A260
  • 製造年代1954'S ( 裏蓋刻印 54 )
  • 材質SS/14K.回転ベゼルオイスターケース
  • ブレスレット
    ベルト素材
    ****
  • ケースサイズφ36mm

ROLEX SS/14K.回転ベゼルオイスターパーペチュアル「TURN−0−GRAPH」 DE LUXE ROLEX SS/14K.回転ベゼルオイスターパーペチュアル「TURN−0−GRAPH」 DE LUXE ROLEX SS/14K.回転ベゼルオイスターパーペチュアル「TURN−0−GRAPH」 DE LUXE ROLEX SS/14K.回転ベゼルオイスターパーペチュアル「TURN−0−GRAPH」 DE LUXE ROLEX SS/14K.回転ベゼルオイスターパーペチュアル「TURN−0−GRAPH」 DE LUXE ROLEX SS/14K.回転ベゼルオイスターパーペチュアル「TURN−0−GRAPH」 DE LUXE ROLEX SS/14K.回転ベゼルオイスターパーペチュアル「TURN−0−GRAPH」 DE LUXE ROLEX SS/14K.回転ベゼルオイスターパーペチュアル「TURN−0−GRAPH」 DE LUXE
ROLEX SS/14K.回転ベゼルオイスターパーペチュアル「TURN−0−GRAPH」 DE LUXE ROLEX SS/14K.回転ベゼルオイスターパーペチュアル「TURN−0−GRAPH」 DE LUXE ROLEX SS/14K.回転ベゼルオイスターパーペチュアル「TURN−0−GRAPH」 DE LUXE ROLEX SS/14K.回転ベゼルオイスターパーペチュアル「TURN−0−GRAPH」 DE LUXE ROLEX SS/14K.回転ベゼルオイスターパーペチュアル「TURN−0−GRAPH」 DE LUXE
ROLEX SS/14K.回転ベゼルオイスターパーペチュアル「TURN−0−GRAPH」 DE LUXE ROLEX SS/14K.回転ベゼルオイスターパーペチュアル「TURN−0−GRAPH」 DE LUXE ROLEX SS/14K.回転ベゼルオイスターパーペチュアル「TURN−0−GRAPH」 DE LUXE

ダイヤルコンディション
ホワイトマットギョウシェ(網目)仕上げブラックプリントアップライドゴールドダイヤカットバトン型インデックスダイヤル ゴールドダウフィン型針 ゴールドセンターセコンド針 文字盤12時側 ROLEX OYSTER PERPETUAL の下にTURN−0−GRAPH のプリント クロノメーター表記はOCCプリント 
とても良い当時のままのオリジナルコンディションです。
ケースコンディション
14金回転ベゼルは手彫り仕上げです。 大きな傷の無いとても良いコンディションです。
ムーブメントコンディション/メンテナンス後の精度データ

アンティークウォッチの精度について

キャリバー;9.75 A260 セミバブルバックキャリバー 自動巻き
トータルコンディション
ロレックス社が1910年に初の高精度認定であるクrノメーター認定を取得し、1926年に防水ケースのオイスターケースの開発に成功、耐久性のある強固なケースと高精度の機械を完成させ、続いて31年には世界に先駆けて自動巻き機構を開発、その集大成的強化防水モデルである、SUBMARINER、EXPLORER、このTURN-0-GRAPHを1953年に完成販売に至りました。 ロレックス社のスポーツモデルとして今日まで継承されている特殊モデルのスタートが切って降ろされました。 このターノグラフはネーミングの由来もタイマー(GRAPH)として0(ゼロ)に戻る(TURN)の複合語で、クロノグラフ以外である程度の経過時間を知ることの出来る60分目盛り付きの回転デゼル仕様として最初期はほぼサブマリーナーと同デザインで少し小ぶりなモデルとして産声を上げました。 しかしながら翌54年にこのモデルで分かるように、その後の紳士用自動巻きモデルとリンクする形で、ゴールドの目盛り付きベゼルはそのままに、文字盤のデザインはサブマリーナー系と普通のダイヤルデザインとに分けられてゆきました。このモデルは TURN−0−GRAPH DE LUXE(ターノグラフ デラックスと呼ばれ、後に文字盤がデイトジャストと共通仕様になりサンダーバードモデル(REF.6609 1625)と呼ばれるようになり、 今日のデイトジャストターノグラフに引き継がれております。
 このターノグラフモデルはそういう意味におきましては今日のターノグラフモデルのファーストモデルとなります。文字盤にTURN−0−GRAPHと入る最初期のサブマリーナー仕様ではないREF.6202は製造数がかなり少なく、とても希少なサンプルとなります。