• トップページ
  • 購入方法
  • メンテナンス
  • こだわり
  • お問い合わせ
 
OMEGA SSワンピースケースオートマチック「Seamater」1000m/3300ft PROFESSIONAL
Price 800,800 円(税込み)
商品に関しましてはお問合せ下さい
Click here for contact us

セヲノハセワコル

  • OMG No.#9463
  • モデルネームSeamater
  • Ref.166.093
  • Serial.
  • ケースNo.
  • 機械No.3*******
  • キャリバー1012
  • 製造年代1970'S
  • 材質SSワンピースケース
  • ブレスレット
    ベルト素材
    SSメッシュブレスレット
  • ケースサイズφ45mm×54mm

OMEGA SSワンピースケースオートマチック「Seamater」1000m/3300ft PROFESSIONAL OMEGA SSワンピースケースオートマチック「Seamater」1000m/3300ft PROFESSIONAL OMEGA SSワンピースケースオートマチック「Seamater」1000m/3300ft PROFESSIONAL OMEGA SSワンピースケースオートマチック「Seamater」1000m/3300ft PROFESSIONAL OMEGA SSワンピースケースオートマチック「Seamater」1000m/3300ft PROFESSIONAL
OMEGA SSワンピースケースオートマチック「Seamater」1000m/3300ft PROFESSIONAL OMEGA SSワンピースケースオートマチック「Seamater」1000m/3300ft PROFESSIONAL OMEGA SSワンピースケースオートマチック「Seamater」1000m/3300ft PROFESSIONAL OMEGA SSワンピースケースオートマチック「Seamater」1000m/3300ft PROFESSIONAL OMEGA SSワンピースケースオートマチック「Seamater」1000m/3300ft PROFESSIONAL

ダイヤルコンディション
ダークブルーマットホワイトプリント夜光バーインデックスダイヤル ホワイトフレーム夜光変形ペンシル型針 オレンジフレーム夜光ラージ剣型分針 ホワイトフレーム夜光レクタングラーポイントセンターセコンド針 
分針のフレームの塗料が薄くなっていますが、当時のままのオリジナルコンディションとなっております。
ケースコンディション
大きな傷の無いとても良いコンディションです。
ムーブメントコンディション/メンテナンス後の精度データ

アンティークウォッチの精度について

キャリバー;1012 自動巻き
トータルコンディション
腕時計の時代になりますと、1920年代から1930年代にかけて、ほぼスイス時計メーカー各社は機械的には安定期を迎え、第二段階としてはクロノメーター認定等の高精度の時計の開発に勢力を注ぎ高精度の機械の開発に各社専従の熟達職人によるチームが作一段落すると、クロノグラフ機能、カレンダー機構、自動巻き機能と複雑化した時計の使用目的の多様化において、云わば高機能の競争が起こりました。 それは腕時計があらゆる時代背景の進展とリンクしたもの、装備品となり得たからでした。 今でこそ、コンピューターを中心とした電子部品全盛の時代の以前は、正に腕時計における精密機械による機能の開発は、当時のあらゆる分野に重要不可欠にリンクした存在でした。
1950年代、第二次世界大戦後の世界は正に近代化の背景の元、時計もただ単に時間を知る道具から多目的に色々な分野で使われる道具へと進化してゆきました。そのような中で生まれたのが耐久性を重視した、また金属による機械部品で構成されるが故の水に対する耐久性=防水性を重視した時計の開発でした。 防水モデルはシーマスターシリーズで日常生活防水(3気圧程度)からスポーツ用防水(5気圧程度)と徐々に開発は進みましたが、オメガ社の場合は決して直ぐに完全防水モデルは着手しませんでした。要約1960年代に入ってオメガのシーマスターシリーズの完全防水モデル、当時の最深度防水モデルを開発し、先ずは最初期モデルREF.166.077(600m=2000ft)を開発、直ぐ後に開発されたREF.166.093は同じくワンピースケースで1000m=3300ft防水と次々に強化防水モデルが開発されました。このREF.166.093はワンピースケースでガラスも強化クリスタル仕様にそのクリスタル下側に厚いパッキンが組み込まれてあり、そのガラス縁にスクリューロックのワッシャーリングでガラスとパッキンを抑える構造となっています。もちろんリューズはスクリューロック式となっており、オメガ社がかなり力を注いで潜水ダイバー用本格防水時計を開発したことが伺える構造となっております。 また、ブレスレットも海中内でもブレスレットロックが解けないように特殊なバネでクラスプを固定する構造になっております。
全て当時のままのとても良いオリジナルコンディションとなっております。