• トップページ
  • 購入方法
  • メンテナンス
  • こだわり
  • お問い合わせ
 
LONGINES 14K.ラウンドスナップバックケース「クロノグラフ」
Price 725,000 円(税抜)
商品に関しましてはお問合せ下さい
Click here for contact us

セヲノハセワコル

  • OMG No.#9548
  • モデルネーム
  • Ref.5956 8
  • Serial.
  • ケースNo.
  • 機械No.8******
  • キャリバー30CH
  • 製造年代1950'S
  • 材質14K.ラウンドスナップバックケース
  • ブレスレット
    ベルト素材
  • ケースサイズφ35mm

LONGINES 14K.ラウンドスナップバックケース「クロノグラフ」 LONGINES 14K.ラウンドスナップバックケース「クロノグラフ」 LONGINES 14K.ラウンドスナップバックケース「クロノグラフ」 LONGINES 14K.ラウンドスナップバックケース「クロノグラフ」 LONGINES 14K.ラウンドスナップバックケース「クロノグラフ」 LONGINES 14K.ラウンドスナップバックケース「クロノグラフ」
LONGINES 14K.ラウンドスナップバックケース「クロノグラフ」 LONGINES 14K.ラウンドスナップバックケース「クロノグラフ」 LONGINES 14K.ラウンドスナップバックケース「クロノグラフ」 LONGINES 14K.ラウンドスナップバックケース「クロノグラフ」 LONGINES 14K.ラウンドスナップバックケース「クロノグラフ」
LONGINES 14K.ラウンドスナップバックケース「クロノグラフ」

ダイヤルコンディション
シルバーサテン仕上げブラックプリントアウターブルータキメータースケール及びレッドテレメータースケールゴールドアップライドトライアングルインデックス及びアラビア数字(12,6)インデックスダイヤル ゴールドアルファ型針 
全体に焼けが見られ僅かに経年変化は見られますが当時のままのオリジナルコンディションです。
ケースコンディション
大きな傷の無いとても良いコンディションです。
ムーブメントコンディション/メンテナンス後の精度データ

アンティークウォッチの精度について

キャリバー;30CH 手巻き式 
トータルコンディション
ロンジン社が初めて腕時計にクロノグラフ機能を搭載したのが1913年のキャリバー13'''(13リーニュ)となります。 それから1936年のキャリバー13ZNまではロンジン社が正に同社の最高のキャリバー制作の為、多額のコストをつぎ込んだと言われています。 それ程ロンジン社にとってはメーカーとして、このクロノグラフという精密機械が今後の需要も含めて、且つこれからの時代を支えるあらゆる分野とリンクするメカニズムとしての重要性を感じていたからに他なりません。 それが故にロンジン社のクロノグラフキャリバーのそれぞれの部品は、一つ一つが当時の最高の技術で作られ、細かな仕上げが施されているが故に、ロンジン社を代表するキャリバーがこの13ZNと30CHという事になります。  
 この時計は1947年から製造された13ZNの後継機種、30CHで1950年代の初頭に作られたクロノグラフです。 14金ケースで文字盤の仕様は40年代のクロノグラフの典型的なデザインで文字盤外周にタキメーター及びテレメータースケールが施され、時間を示すインデックスが中央に位置するアンティーククロノグラフらしいデザインとなっております。 文字盤全体も程よく焼け、それもテイスト感が醸し出されており、ラウンドプッシャー仕様でありながら、ロンジン社の13ZNから継承されたクロノグラフ独自のリューズで外側トップが少し山高になっており巻きやすいように刻みが大き目となった独特のオリジナルシェープのリューズで、アンティーククロノグラフテイスト満載のとても良いコンディションとなっております。