• トップページ
  • 購入方法
  • メンテナンス
  • こだわり
  • お問い合わせ
 
ROLEX/TIFFANY SSオイスターパーペチュアル「EXPLORER」ギョウシェダイヤル
Price 0 円(税抜)
商品に関しましてはお問合せ下さい
Click here for contact us

セヲノハセワコル

  • OMG No.#9424
  • モデルネームEXPLORER
  • Ref.6107
  • Serial.82****
  • ケースNo.
  • 機械No.3**** ******
  • キャリバー9.75 N.A.
  • 製造年代1953'S
  • 材質SSオイスターケース
  • ブレスレット
    ベルト素材
    SSオイスターリベットブレスレット
  • ケースサイズφ32mm

ROLEX/TIFFANY SSオイスターパーペチュアル「EXPLORER」ギョウシェダイヤル ROLEX/TIFFANY SSオイスターパーペチュアル「EXPLORER」ギョウシェダイヤル ROLEX/TIFFANY SSオイスターパーペチュアル「EXPLORER」ギョウシェダイヤル ROLEX/TIFFANY SSオイスターパーペチュアル「EXPLORER」ギョウシェダイヤル ROLEX/TIFFANY SSオイスターパーペチュアル「EXPLORER」ギョウシェダイヤル ROLEX/TIFFANY SSオイスターパーペチュアル「EXPLORER」ギョウシェダイヤル
ROLEX/TIFFANY SSオイスターパーペチュアル「EXPLORER」ギョウシェダイヤル ROLEX/TIFFANY SSオイスターパーペチュアル「EXPLORER」ギョウシェダイヤル ROLEX/TIFFANY SSオイスターパーペチュアル「EXPLORER」ギョウシェダイヤル ROLEX/TIFFANY SSオイスターパーペチュアル「EXPLORER」ギョウシェダイヤル ROLEX/TIFFANY SSオイスターパーペチュアル「EXPLORER」ギョウシェダイヤル
ROLEX/TIFFANY SSオイスターパーペチュアル「EXPLORER」ギョウシェダイヤル

ダイヤルコンディション
ホワイトマットギョウシェ(網目)仕上げアウター夜光ポインテッドアップライドトライアングル+アラビア数字(3,6,9)インデックスダイヤル ROLEXが浮き字。 文字盤12時側にEXPLORER、6時側クロノメータープリント上にTIFFANY & Co.のブラックプリント。珍しい夜光アルファ型針
多少経年変化は見られますが年代を感じさせる当時のままのとてもアンティークテイスト感のあるオリジナルコンディションです。
ケースコンディション
大きな傷の無いとても良いコンディションです。
裏蓋に刻印有り;S.RAJAGOPALAN
ムーブメントコンディション/メンテナンス後の精度データ

アンティークウォッチの精度について

キャリバー;9.75 N.A. 自動巻き
トータルコンディション
1950年代初頭よりティファニー社はロレックス社の時計の販売を始め、古くはバブルバックモデルもティファニー社とのWネームモデルが存在しておりました。1994年にロレックス社とティファニー社の間の契約が切れ、残念ながらロレックス社の時計がティファニー社の店頭から消えました。約40年間に亘る販売を中止した背景にはティファニー社側の高級自社モデルの販売促進、又、丁度アメリカ市場においても新たな販売代理店契約の見直しと、ティファニー社に対してのロレックス社からの納入枠の拡大要求にお互いの条件が合わなかった点が、契約解除の原因と云われています。事実ティファニー社の時計部門が売り上げのシェアを伸ばして行き、ロレックス社の時計をある時点からティファニー社の自社時計部門で文字盤のプリント加工を手掛けるようになり、針の歪みや、不具合発生率が増え、ロレックス社側から改善要求が出ていたのも背景にあると云われています。何れにせよ、時計愛好家の人気モデルが販売される事は残念ながら無くなって仕舞い、時計本体のシリアル番号的にはN番シリアル(1992年モデル)辺りを最後にロレックス社の時計は存在しなくなってしまいました。
 この時計は創成期のセミバブルバックと呼ばれるバブルバックの次世代モデルのティファニー名入りモデルです。文字盤も当時の人気ダイヤル、ギュロッシェ(網目彫模様)仕上げでホワイトダイヤル系のEXPLORERモデルのティファニー社仕様モデルです。この組み合わせは大変珍しいモデルの一つであろうかと思います。一般的にはホワイトダイヤル系のEXPLORERモデルは通称カナディアンモデルと呼ばれ、どちらかと云いますと北米市場向け(カナディアンロレックスの正規カタログ等に掲載、REF.5500系が主)で、一部地域限定で売られていたモデルであったと云ううのが一般的な見解かと思いますが、このREF.6107は地域限定的ではなく広くロレックス社の世界共通の公式カタログにて掲載販売されたモデルで、EXPLORER名が入っているモデルは少しカナディアンモデルとは方向性が異なるモデルであったと思われます。本来のロレックス社としてのホワイトダイヤル系EXPLORERモデルの一つかも知れません。何れにせよどのモデルも創成期においては必ず試作モデルや文字盤のレアプリントモデルが存在しており、このモデルもその一つなのかも知れません。 
文字盤にやや強く経年変化が出ている箇所もありますし、外側の夜光ポイントが剥落している箇所もございますが、当時のままのアンティークテイストを強く感じさせるオリジナルコンディションとなっております。