• トップページ
  • 購入方法
  • メンテナンス
  • こだわり
  • お問い合わせ
 
ROLEX 18K.オイスターパーペチュアル「GMT−MASTER」ファーストモデル
Price 999,999,999 円(税抜)
商品に関しましてはお問合せ下さい
Click here for contact us

セヲノハセワコル

  • OMG No.#9480
  • モデルネーム「GMT-MASTER」ファーストモデル
  • Ref.6542
  • Serial.3*****
  • ケースNo.
  • 機械No.N******
  • キャリバー1065
  • 製造年代1958'S〜1960'S
  • 材質18K.オイスターケース
  • ブレスレット
    ベルト素材
    18K.オイスターリベットブレスレット(70'S)
  • ケースサイズφ39mm

ROLEX 18K.オイスターパーペチュアル「GMT−MASTER」ファーストモデル ROLEX 18K.オイスターパーペチュアル「GMT−MASTER」ファーストモデル ROLEX 18K.オイスターパーペチュアル「GMT−MASTER」ファーストモデル ROLEX 18K.オイスターパーペチュアル「GMT−MASTER」ファーストモデル ROLEX 18K.オイスターパーペチュアル「GMT−MASTER」ファーストモデル ROLEX 18K.オイスターパーペチュアル「GMT−MASTER」ファーストモデル ROLEX 18K.オイスターパーペチュアル「GMT−MASTER」ファーストモデル ROLEX 18K.オイスターパーペチュアル「GMT−MASTER」ファーストモデル ROLEX 18K.オイスターパーペチュアル「GMT−MASTER」ファーストモデル ROLEX 18K.オイスターパーペチュアル「GMT−MASTER」ファーストモデル ROLEX 18K.オイスターパーペチュアル「GMT−MASTER」ファーストモデル ROLEX 18K.オイスターパーペチュアル「GMT−MASTER」ファーストモデル ROLEX 18K.オイスターパーペチュアル「GMT−MASTER」ファーストモデル
ROLEX 18K.オイスターパーペチュアル「GMT−MASTER」ファーストモデル ROLEX 18K.オイスターパーペチュアル「GMT−MASTER」ファーストモデル ROLEX 18K.オイスターパーペチュアル「GMT−MASTER」ファーストモデル ROLEX 18K.オイスターパーペチュアル「GMT−MASTER」ファーストモデル ROLEX 18K.オイスターパーペチュアル「GMT−MASTER」ファーストモデル
ROLEX 18K.オイスターパーペチュアル「GMT−MASTER」ファーストモデル ROLEX 18K.オイスターパーペチュアル「GMT−MASTER」ファーストモデル ROLEX 18K.オイスターパーペチュアル「GMT−MASTER」ファーストモデル ROLEX 18K.オイスターパーペチュアル「GMT−MASTER」ファーストモデル ROLEX 18K.オイスターパーペチュアル「GMT−MASTER」ファーストモデル
ROLEX 18K.オイスターパーペチュアル「GMT−MASTER」ファーストモデル ROLEX 18K.オイスターパーペチュアル「GMT−MASTER」ファーストモデル ROLEX 18K.オイスターパーペチュアル「GMT−MASTER」ファーストモデル

ダイヤルコンディション
ブラウン仕上げ(現在はシャンパンゴールド)ホワイトプリントゴールドアップライド夜光ポイント”カメレオンアイ゛インデックスダイヤル ゴールドフレーム夜光アルファ型針 ステンレススチールスモールトライアングルGMT針 ゴールドストレートセンターセコンド針 
経年変化でシャンパンゴールドになっておりますが、文字盤エッジはブラウンカラーとなっております。
ケースコンディション
長年の使用によりエッジも丸みを帯びておりますが、大きな傷の無いとても良いコンディションです。
 ベゼルディスクは交換の可能性があります。
ムーブメントコンディション/メンテナンス後の精度データ

アンティークウォッチの精度について

キャリバー;1065 自動巻き 
トータルコンディション
2か国の任意の時間を知る事ができるハイスペック仕様の時計、GMTマズターは発売当時(1954年頃設計されほぼ2年後に出荷発売)アメリカの大手航空会社、パンアメリカン航空のパイロット達の要望に応えて製品化が進んだモデルですが、その後、かなり世界を飛び回るハイクラスのビジネスマン達にも、実用性として高い支持を得ました。今日ではスポーツモデル枠となっておりますが、当時はパイロットを中心としたスペシャルユーザー向けの高級モデルでした。このファーストモデル、REF.6542は当初ベークライト(硬質樹脂系仕様)の上下2層構造となっており、下段のベークライト部に数字を掘り込み、そこの溝に夜光塗料を塗布し、上面にクリアのベークライトを重ねる構造となっておりました。しかし使用した当時の夜光塗料がラジウム系塗料で強い放射線を発する為、当時のロレックス社が使用を自粛する広告を出し、リコール広告後にメタルベゼルに変更になりました。当時主に国際線の長距離飛行においてコックピットが暗い状況を考えて、24時間ベゼルに夜光塗料を使用したものと思われますが、僅か数年でベゼルの仕様変更となり、最初期のベークライトベゼルのモデルは短命に終わりました。
 この時計は1958年から1960年に販売された最初期型18金モデルでベゼルはメタルベゼルに仕様変更となった直後のものと思われます。 ベゼルディスクに関しましては交換されている可能性はありますが、文字盤はブラウン系の色が焼けにより美しいシャンパンゴールド変色しており、文字盤のエッジ全体に最初のブラウン色が残っております。ケースに関しましては厚みはございますが、エッジには少し丸みが出ております。 24時間針に関してですが、初期型の18K.6542モデルにおきましては、当時金色のフレームの夜光スモールトライアングル型GMT針が部品として間に合わなかったのか、敢えて違う色のものを使ったかは定かではありませんが、ステンレスモデル用がかなりの割合で使用されている事が図録等で確認できます。ブレスレットは18金製のオイスターリベットブレスレットとなっておりますが、年代的には1970年前後のものとなっております。 全体でみますとベゼルは少し後のものに交換の可能性、ブレスレットは1970年頃のものと交換されておりますが、文字盤はとても美しいシャンパンゴールドへの変色が見られとても良い状態となっております。