• トップページ
  • 購入方法
  • メンテナンス
  • こだわり
  • お問い合わせ
 
ROLEX SS.オイスターパーペチュアル「EXPLORER 1」ミラーサークル BOX,日本ロレックス修理保証書及び正規代理店修理明細書付き
Price 3,300,000 円(税抜)
商品に関しましてはお問合せ下さい
Click here for contact us

セヲノハセワコル

  • OMG No.#9467
  • モデルネームEXPLORER 1
  • Ref.1016
  • Serial.1******
  • ケースNo.
  • 機械No.9****
  • キャリバー1560
  • 製造年代1964'S ( 裏蓋刻印 64 )
  • 材質SSオイスターケース
  • ブレスレット
    ベルト素材
    SSオイスターリベットエキスパンションブレスレット
  • ケースサイズφ35mm

ROLEX SS.オイスターパーペチュアル「EXPLORER 1」ミラーサークル BOX,日本ロレックス修理保証書及び正規代理店修理明細書付き ROLEX SS.オイスターパーペチュアル「EXPLORER 1」ミラーサークル BOX,日本ロレックス修理保証書及び正規代理店修理明細書付き ROLEX SS.オイスターパーペチュアル「EXPLORER 1」ミラーサークル BOX,日本ロレックス修理保証書及び正規代理店修理明細書付き ROLEX SS.オイスターパーペチュアル「EXPLORER 1」ミラーサークル BOX,日本ロレックス修理保証書及び正規代理店修理明細書付き ROLEX SS.オイスターパーペチュアル「EXPLORER 1」ミラーサークル BOX,日本ロレックス修理保証書及び正規代理店修理明細書付き ROLEX SS.オイスターパーペチュアル「EXPLORER 1」ミラーサークル BOX,日本ロレックス修理保証書及び正規代理店修理明細書付き ROLEX SS.オイスターパーペチュアル「EXPLORER 1」ミラーサークル BOX,日本ロレックス修理保証書及び正規代理店修理明細書付き ROLEX SS.オイスターパーペチュアル「EXPLORER 1」ミラーサークル BOX,日本ロレックス修理保証書及び正規代理店修理明細書付き ROLEX SS.オイスターパーペチュアル「EXPLORER 1」ミラーサークル BOX,日本ロレックス修理保証書及び正規代理店修理明細書付き
ROLEX SS.オイスターパーペチュアル「EXPLORER 1」ミラーサークル BOX,日本ロレックス修理保証書及び正規代理店修理明細書付き ROLEX SS.オイスターパーペチュアル「EXPLORER 1」ミラーサークル BOX,日本ロレックス修理保証書及び正規代理店修理明細書付き ROLEX SS.オイスターパーペチュアル「EXPLORER 1」ミラーサークル BOX,日本ロレックス修理保証書及び正規代理店修理明細書付き ROLEX SS.オイスターパーペチュアル「EXPLORER 1」ミラーサークル BOX,日本ロレックス修理保証書及び正規代理店修理明細書付き ROLEX SS.オイスターパーペチュアル「EXPLORER 1」ミラーサークル BOX,日本ロレックス修理保証書及び正規代理店修理明細書付き
ROLEX SS.オイスターパーペチュアル「EXPLORER 1」ミラーサークル BOX,日本ロレックス修理保証書及び正規代理店修理明細書付き ROLEX SS.オイスターパーペチュアル「EXPLORER 1」ミラーサークル BOX,日本ロレックス修理保証書及び正規代理店修理明細書付き ROLEX SS.オイスターパーペチュアル「EXPLORER 1」ミラーサークル BOX,日本ロレックス修理保証書及び正規代理店修理明細書付き ROLEX SS.オイスターパーペチュアル「EXPLORER 1」ミラーサークル BOX,日本ロレックス修理保証書及び正規代理店修理明細書付き

ダイヤルコンディション
ブラックミラー(鏡面光沢)仕上げライトゴールドプリント夜光ポイントインデックスダイヤル 夜光メルセデス型針 
針フレームに若干酸化が見られ、文字盤に関しましても微小の凹凸の経年変化は見られますが年代を感じさせるとても良いコンディションです。 
ケースコンディション
大きな傷のないとても良いコンディションです。
ムーブメントコンディション/メンテナンス後の精度データ

アンティークウォッチの精度について

キャリバー;1560 自動巻き 
トータルコンディション
ロレックス社の代表的スポールモデルの一つ、エクスプローラーモデルは1953年に発売開始され、REF.6150、6350とセミバブルバック用のキャリバー搭載モデルとしてスタート、続いてREF.6610としてロレックス社の初めて両回転巻き上げローター搭載キャリバーへと変遷し、このEXPLORER 1 REF.1016モデル、キャリバー1560〜1570搭載モデルへと変更になりました。このREF.1016は1960年〜1990年までとロレックス社のモデルの中でもかなり長い期間継続して作られたモデルの一つではないかと思います。 ロレックス社の時計製造の歴史においては、機械の変遷・進化、そして時代に即した大きさやデザインの変更と本当に長い年月を経て徐々に理想的な形に構築されていきました。 ですのである意味一番長い間形を変えずに作り続けられたモデルと云うのはほぼ完成形であるといっても過言ではないと思います。 今日の時計製造メーカー全てに共通に感じられる、必要以上の改良(機械的な進歩はまだしも必要以上にケースが大きくなったり派手になったりの点)は些か残念にさえ感じられます。 それは今まで積み重ねてきたものに対し必要のないプラスアルファではないかとさえ感じられてなりません。
 このエクスプローラー1は1964年製造の最初期型モデルです。特徴としてミラーダイヤルの外周にミニッツサークルがあり、夜光塗料が文字盤地板に直接彫り込みが入れてありそこに塗料を埋めています。この時計の文字盤は初期型ミラーダイヤルで、僅かに経年変化の微小なスポット痕が全体にありますが、アンティークテイストのあるとても良いコンディションとなっております。ケースも十分厚みの残ったとても良いコンディションとなっております。 この時計にはボックス、2011年の日本ロレックスメンテナンス保証書、2016年に日本ロレックス正規修理店でメンテナンスを受けた明細書等がついております。 時計自体も若干の経年変化はありますが、全体的に当時のままのとても良い状態が保たれた状態かと思います。